2007年04月05日

天然なんて素敵でも何でも無い!

毎日現場作業。


うーん飽きてきた。


一昨日、コンビニにからあげクンを買いに行った。
で、ついでにゴラクを立ち読みしてたら可愛い22〜23歳くらいの子が肩を叩いてきた。
俺、ビックリした。


『すいません 、ちょっと来てもらえますか? 』


え?告白?夢見てたようなシチュエーション?
さらに可愛く見えるじゃん?

むろん店の外に着いて行き、

『どうしましたか?』と。

まあ予想通り、
『車が縁石に乗り上げてしまってどうしたら良いか分からなくて…』

と。なぜ俺なのか分からなかったけど、まぁ淡い期待を諦めつつ
見に行く事に。

何てことは無い!コンビニの駐車場と歩道の間にある縁石。

その縁石が途切れてる所から車道に出るのだが、何も考えず進ん
だようで縁石を乗り上げてしまったとの事。


内心、くだらん、そのまま進むか下がらんかい!と。


しかし私も健全な男性。可愛い女性には優しくなる。


『で、どうしましょうか?』


と。


そしたら何と!!




『傷ついたらマズいので持ち上げて後ろに戻して欲しいんですけど…』





あれ?君本物?リアル天然?




『え?車を手で持ち上げて後ろに運ぶって事ですか?』


「ハイ!」と。



マジでした。俺、天然イヤだ。



わざわざ立ち読みしてる俺を呼びつけ、車を手で持ち上げろって…

いわゆる天然なんてのは、だいたいが頭の回転がむしろ良い人間で、
さらに自ら

『私天然系だからさ〜』

なんて言う馬鹿者は最悪で、自分で認識してる天然なんてあるかい!
と言いたくなる。


しかしこと本物の天然ってのは可愛くもないし、キャラにもならない。

ただ大変なだけ。

こりゃ参ったと思い、「いやいくら何でも車は一人で持ち上げらん
ないよ。ごめんなさい」
と伝えた。

そこを何とかとお願いされたが、無理なものは無理だ。


これが伊東美咲であっても、無理だ。腕の筋が何本か切れてしまう
だけだ。


で、見てるからゆっくりバックして下がってみなさいと伝える。



超不安顔。



満面の笑みで、「大丈夫」と。
何てことはない。下がって降りたときに、「ドスン」と音がして
少々困惑顔を僕にしてきたが、止むを得ないのだ。

「大丈夫だ」と。だっふんだと。


で、僕は連絡先を聞かれる気満々の所を彼女はサササッーと
帰って行った。



だから気が利かない天然は大嫌いだ。
posted by HOLY at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。